歯の破折・・?|玉野市・岡山市南区での犬・猫・ペットの病気・歯の治療はなかにし動物病院へ

玉野市・岡山市南区で動物病院ならなかにし動物病院

〒706-0131 岡山県玉野市東紅陽台1-19-292

0863735833

【平日】9:00~12:00 / 16:00~19:00
【土曜】9:00~13:00【休診日】日曜・祝日

お問い合わせ

お知らせ

歯の破折・・?

お知らせ

2018.06.14

歯の破折は、歯が折れてしまう事です。

いかにも、痛そうですよね・・

ヒヅメや骨などのかなり堅いものをお留守番中に噛んでいたり、

あるいは、フライングディスクで遊ぶ(ボーダーコリーに多い)、

高い所から落下して起こるケースもみられます。

折れた程度と折れてからの時間経過により治療法は異なります。

ある時突然、口腔内から出血がみられたり、

キャン!と鳴いた後から、片側で食事しているなど、

その場合、破折で歯髄が露出(露髄)してしまったかもしれなく、

犬歯あるいは上顎の第4前臼歯などが折れてしまっている可能性が高いです。

露髄を放置しておくと、

いずれは歯の根元に炎症が生じ(歯根膿瘍)、

様々な症状を呈します。

しかし、ほとんどの患者さんでは、

後になって破折に気が付くケースがほとんどです。

 

 

 

 

 

 

このワンちゃんは、上顎の第4前臼歯の破折を起こし来院されました。

上写真の色が悪い歯が破折した歯です。

頭部分のエナメル質が剥がれ、

この部分からは若干の出血が認められます。

また、歯肉に接する歯の色が悪くなっている所は、

縦割れしたエナメル質部分です。

歯冠歯根破折といわれる状態で、

このケースが多くみられます。

歯質の状態は良くないと判断され、

またレントゲン検査では歯根膿瘍が疑われたため、

飼い主さんとの相談の結果、

抜歯を行う事となりました。

 

 

 

 

 

 

上顎第4前臼歯の

分割抜歯後に粘膜縫合を行い、処置は終了となり、

痛みから解放されました!

一日一回はお口を観察して、破折がないか観察しましょう。