猫の流涎(よだれ)過多や口の痛みはありませんか?|玉野市・岡山市南区での犬・猫・ペットの病気・歯の治療はなかにし動物病院へ

玉野市・岡山市南区で動物病院ならなかにし動物病院

〒706-0131 岡山県玉野市東紅陽台1-19-292

0863735833

【平日】9:00~12:00 / 16:00~19:00
【土曜】9:00~13:00【休診日】日曜・祝日

お問い合わせ

お知らせ

猫の流涎(よだれ)過多や口の痛みはありませんか?

お知らせ

2018.07.26

猫ちゃんが、食事中にしきりに口を手で気にしたり、

口臭やよだれが多いなどの症状がみられたら、

口内炎や歯周炎があるかもしれません。

猫の口内炎は慢性歯肉口内炎と呼ばれていましたが、

現在では尾側口内炎(尾側;口の奥の方)と言われます。

尾側口内炎は口の中で2か所以上の場所に炎症部位がみられます。

猫の尾側口内炎のはっきりとした原因は分かっていません。

効果的な治療法は歯を的確に抜くことです。

初めは臼歯を全部抜歯します。

1歳未満の猫ちゃんです。疼痛と流涎過多で来院されました。

 

 

 

 

 

 

口の奥の方がただれています。出血もみられます。

 

 

 

 

 

 

歯の横の歯肉や頬の粘膜も赤くなっています。

 

 

 

 

 

下顎の歯の周囲も腫れやただれ、出血がみられます。

1歳未満と大変若いですが、重度の口内炎がみられます。

今後も生活の質が良くない状態が続く可能性があり、

臼歯全てを抜歯しました。

 

 

 

 

 

 

上顎の抜歯後所見です。

粘膜をしっかり縫合すると、経過はより良くなります。

 

 

 

 

 

下顎の術後所見です。

次の日から食事を食べてくれました。

猫の尾側口内炎は経過が長い場合、

臼歯あるいは全抜歯を行っても予後がよくない場合があります。

早期から的確に臼歯抜歯を行う事は重要と考えられます。