予防|玉野市・岡山市南区での犬・猫・ペットの病気・歯の治療はなかにし動物病院へ

玉野市・岡山市南区で動物病院ならなかにし動物病院

〒706-0131 岡山県玉野市東紅陽台1-19-292

0863735833

【平日】9:00~12:00 / 16:00~19:00
【土曜】9:00~13:00【休診日】日曜・祝日

お問い合わせ

予防

病気の予防について

病気の予防について

仕草で大まかな気持ちは理解できても、ペットたちは言葉を話さないため病気になった時の不調に気付くのが遅れてしまうこともあります。
そして気付いた時には、深刻な状況まで病気が進行している場合があり、中には命に関わる病に侵されているペットも居ます。

日ごろからよくコミュニケ-ションをとり、いち早く不調に気付けるようにすることが大事ですが、何より、病気自体にならない予防をしっかりと行い、大切な家族がいつも健康な状態でいられるようケアすることが重要です。

予防注射について

予約について

基本的に予約制ではありません。しかし近年、世界的に犬と猫のワクチン供給量が不足しているようです。
そのため、事前にご連絡のもと来院されることをお勧めします。

混合ワクチン接種について

混合ワクチン接種について

ウイルス感染症や細菌感染症は日常生活のあらゆるところに潜んでいます。幼犬では、致死率の高いパルボウイルス感染症や犬ジステンバー感染症から守るために、ワクチン接種を行っているといってもいいです。また人にも感染の恐れがある、犬レプトスピラ感染症も混合ワクチンに含まれています。子犬の時期に、ワクチン接種により感染症から予防できても、ワクチンの効果は徐々に弱まってきます。そのため、成犬になっても1年に1回のワクチン接種が必要です。

猫のワクチンも定期接種が必要です。猫ヘルペスウイルス感染症は結膜炎や鼻汁、高熱、呼吸器疾患などを起こします。また猫カリシウイルスは口内炎や関節炎、呼吸器疾患を起こします。特に幼齢期や高齢になってこれらの感染症を起こすと肺炎など重症化する場合があります。この2つの感染症は空気感染するため、ワクチンにより免疫力が得られていない場合、感染する可能性が高くなります。
また、外で他の猫と接触やけんかをしていると、猫白血病ウイルスと猫エイズウイルスが感染する恐れがあります。これらの感染症は持続感染が成立すると、将来、血液の病気や免疫力の著しい低下などを招きます。この地域においても多くみられるので注意が必要です。ワクチンプログラムに関しては病院で相談します。

仔犬の予防について

仔犬は、新しい環境に慣れるまで10日間ほどかかると言われています。
初めは緊張して食事を食べないかもしれません。しかし成長期であるため、食事量は日毎増していくでしょう。
食事は、年齢に合った量を与えましょう(年齢による1日量は、食事の袋などに記載してあります)。
そして元気や呼吸状態なども観察しましょう。

仔犬の予防について

犬のウイルス感染や寄生虫感染に関して
主に行う必要がある4つの予防

1混合ワクチン接種

2狂犬病ワクチン接種

3フィラリア駆虫

4ノミダニ予防

1.混合ワクチン接種

混合ワクチン接種はまず最初に行うワクチン注射です。初めの年は2〜3回、3週間間隔で注射します。
ワクチンの種類やワクチンプログラムは動物病院で相談します。
仔犬の時は、母体からの抗体に守られています(移行抗体)。しかし生後2〜3カ月齢になると抗体量は減少します。
また輸送などの飼育環境の変化によるストレスから免疫力も低下しています。
この危うい時期にパルボウイルス感染症やジステンパーウイルス感染症その他の感染症にかかってしまう可能性があります。
ですので、確実にワクチンの効果を得るために、初年度は2〜3回接種し、他の犬との接触は控えます。
しかしこの時期は、社会見学が必要な時でもあります(子犬の社会化期として重要な時期)。
外の音や人間やペットの存在を知ってもらい、環境に慣れてもらうために、抱っこして一緒に近回りを散歩する必要があります。

2.狂犬病ワクチン接種

狂犬病は犬だけでなく人にも感染します。
発症すると、麻痺や精神錯乱などの神経症状を示し、人も犬もほぼ100%死に至る病気です。
日本は戦後に狂犬病は排除されましたが、海外では現在でも年間に55000人以上が狂犬病で命を落としており、何時日本に入ってきてもおかしくありません。
そのため、犬の狂犬病ワクチン注射と登録制度が狂犬病予防法で決まっています。

登録

登録

※岡山市と玉野市の鑑札

登録

生涯に一度、犬の所在地を管轄する市町村に申請を行い、鑑札の交付を受けなくてはなりません。岡山市と玉野市の方は当院でも登録申請ができます。

注射

注射

※岡山市と玉野市の注射済票

注射

注射は毎年一回受け、注射済み票の交付も受けます。

これらの、鑑札と注射済み票は犬に(首輪など)付けておくことが決まっています。
※災害時に迷い子になった場合、個体識別で鑑札が重要となります。

注射

登録料金:3000円
注射料金:3050円

3.フィラリア駆虫

3.フィラリア駆虫

フィラリアの成虫は≪そうめん≫みたいな形をして犬の肺の中に寄生しています。
そして肺の血管内で子供(ミクロフィラリア)を産出します。
感染犬の血を蚊が吸ったときに、抹消血管内の子供フィラリアが蚊に吸われます。その蚊の体内で、子供フィラリアは成長し、別の犬の血を吸ったときに体内に侵入し、約6カ月で心臓に到達します。
フィラリア予防を行わなかった場合、毎年蚊から子供フィラリアが侵入し、順次心臓内に加算され、数年経つと心臓内にそうめんの束がゆらめくことになります。そして著しく心肺機能は障害されます。
そのため、蚊から侵入した子供フィラリアを一カ月に一回薬を飲んでやっつけているわけです。

4.ノミダニ予防

4.ノミダニ予防

ノミは感染すると、皮膚にアレルギー症状を起こし、激しい痒みや皮膚発赤を起こします。
ノミの駆虫は、薬を滴下したり駆虫薬を経口投与します。薬の種類により有効期間は1ヵ月から3ヵ月となります。
またノミの成虫が一匹見つかった時点で、100匹のノミが犬にもはや存在し、卵や幼虫が周囲環境中に拡散したと考えられるため、ノミに寄生される前から予防を行っていくことが勧められます。

マダニは草むらの葉っぱの先端付近で、下を通る犬を待ち構えています。
実際に、草むらを散歩して、顔にダニが付いていることは多くみられます。
元々2mmぐらいですが、口の≪のこぎり状突起≫を皮膚に突き刺し、十分血を吸い上げ1㎝程の大きさに膨れ上がり、その後、ぽとっと落ちます。
本人たちはそれで生活しているのですが、マダニは様々な感染症を運んでいます。
犬では赤血球に寄生するバベシア症などがあります。人もマダニから重症化する感染症が知られており、犬に付いているマダニは絶対に触って取ろうとせず、薬を投与し落ちるのを待ちます。
ダニを発見したら、直ちに動物病院にて処置してください。

猫の病気の予防について

猫の病気の予防について

猫のワクチンも定期接種が必要です。猫ヘルペスウイルス感染症は結膜炎や鼻汁、高熱、呼吸器疾患などを起こします。また猫カリシウイルスは口内炎や関節炎、呼吸器疾患を起こします。特に幼齢期や高齢になってこれらの感染症を起こすと肺炎など重症化する場合があります。この2つの感染症は空気感染するため、ワクチンにより免疫力が得られていない場合、感染する可能性が高くなります。
また、外で他の猫と接触やけんかをしていると、猫白血病ウイルスと猫エイズウイルスが感染する恐れがあります。これらの感染症は持続感染が成立すると、将来、血液の病気や免疫力の著しい低下などを招きます。この地域においても多くみられるので注意が必要です。ワクチンプログラムに関しては病院で相談します。

健康診断

犬や猫は自分で健康に気を付けたりすることができません。また、言葉を話すことができないため、異変に気付いた時は病気が進行して危険な状態になっていることもあります。
飼い主様が積極的に定期的な健康チェックやケアをして予防に努めるとともに、万が一病気になった時の早期発見をしてあげることが大切です。
当院の健康診断では、触診、口腔内観察、体重測定、聴診、視診などを主に、必要に応じて血液検査や便検査、尿検査などの各種検査も行っております。
詳しい診断の料金はお気軽にお問い合わせください。

  • 健康診断
  • 健康診断
  • 健康診断