犬と猫の歯周・歯内治療|玉野市・岡山市南区での犬・猫・ペットの病気・歯の治療はなかにし動物病院へ

玉野市・岡山市南区で動物病院ならなかにし動物病院

〒706-0131 岡山県玉野市東紅陽台1-19-292

0863735833

【平日】9:00~12:00 / 16:00~19:00
【土曜】9:00~13:00【休診日】日曜・祝日

お問い合わせ

犬と猫の歯周・歯内治療

口腔内の観察とケアはできていますか?

口臭の悪化や流涎(よだれ)の増加がみられる場合、歯周病などの問題が生じているかもしれません。
定期的に病院で診察を受けましょう。

犬の歯周治療と歯内治療(歯の治療)

歯周病について

歯周病は歯垢中の細菌が原因とされ、歯の周りの組織(歯肉や歯槽骨)に炎症が起きて歯がぐらぐらになる病気です。犬や猫の口の中の病気で最も多くみられ、3歳以上の犬と猫の約80%が歯周病をもっていると言われています。
中でも小型犬、短頭種(パグやシーズーなど)、高齢犬といった年齢や犬種、口腔内ケアが不足しているなどの要因で特に悪化がみられます。

症例

症例

歯の表面の重度歯石  歯肉の退縮

歯周病が悪化したヨークシャーテリア10歳です。
歯石の付着、口臭の悪化、口の痛みなどの症状がみられます。

症例

症状について

眼の下の皮膚に腫れや穴がみられたら、歯の根元の炎症が原因かもしれません。
外歯瘻とは根尖部(歯の根元)の炎症から皮膚に瘻管ができている状態です。
歯の根元の炎症が鼻の中に及び、慢性の鼻漏や鼻出血を起こすこともあります(口鼻瘻管)。

歯周病の治療について

歯周病は治療をしないと歯肉炎→軽度歯周炎→重度歯周炎と進行します。
治療は進行程度によって異なり、なかにし動物病院では口腔内検査とX線検査で歯の根元や周囲の状態をみます。

  • 歯周病の治療について

    口腔内検査とX線検査で歯の根元や周囲の状態をみます。
    歯周炎から歯槽骨がすり鉢状に掘られています。
    ※写真:トイプードル12歳

  • 歯周病の治療について

    歯垢歯石の除去を行います。
    歯周ポケットが深くなっているところを重点的にきれいにして洗浄します。

  • 治療について

    外歯瘻や口鼻瘻管を起こしている場合は、X線検査で異常がみられた歯の抜歯を行う。
    歯周病の治療では抜歯を行うこともあります。
    ※写真:チワワ7歳
    上顎第4前臼歯 根元の破折(骨折)
    歯の根元の周囲の炎症(黒く抜けた所)

  • 治療について

    歯を研磨してつるつるにする。

  • 治療について

    ヨークシャーテリアの歯科処置後です。

歯が折れた!/歯が折れていることに気が付いた場合

歯が折れた!/歯が折れていることに気が付いた場合

歯が折れた(破折)場合は、歯内治療を行う必要があります。
犬では、硬い物(石、ヒヅメ、ケージ、おもちゃなど)を噛むことにより歯が割れることが比較的多いです。 そのままにしておくと、割れた部分から、歯に中に感染が及び(歯髄の感染)、歯の根元に感染が広がっていきます。歯内治療は破折からなるべく早く治療する必要があります。

歯の破折が早期に発見できれば、直接歯髄覆罩法を行います(歯髄の一部を除去後に歯内処置)。
しかし、歯の破折は気づきにくく、口の中を観察していて気づくことが多いです。そのため、歯髄の炎症がかなり進行していることが多いです。その場合は歯を温存する治療か抜歯するかを検討します。

歯を温存する場合は、抜髄根管治療(不良歯髄を全て取り除き、歯内処理を施す)を行います。抜髄根管治療後は定期的にレントゲン検査を行い、経過観察が必要となります。


行動療法の一環として犬歯切断術を実施する場合

飼い犬が、飼い主に対して重大な咬傷事故を引き起こす可能性がある場合、あるいは、もうすでに咬傷事故の頻発から生活が喫緊の問題となっている場合に犬歯切断術を実施することがあります。
犬歯切断術は、上下顎犬歯4本に対して、犬歯を1/3~1/4残るぐらいで切断後、 歯内処理を施し最終充填剤(光重合レジン)で歯が丸みを帯びるように覆います。

犬歯を短く丸くすることで、咬まれても打撲で済むことから飼い主が安心感を持ち、リーダーシップを発揮することで結果として犬も落ち着き、咬傷事故の減少に繋がることを目的として行います。犬歯切断術後は、行動治療を継続していきます。

猫の歯周治療と歯内治療(歯の治療)

歯肉口内炎(尾側口内炎)

猫の歯肉口内炎は口の粘膜がただれてとても痛くなる病気です。
原因ははっきりしていませんが歯垢の細菌に対する過剰な免疫反応、猫カリシウイルスなどのウイルス感染、歯周病、環境要因などが複合的に関与していると考えられています。

症状について

口の中の疼痛、重度ただれと発赤。

症状について

口臭、よだれの増加、グルーミング頻度の低下、口の痛みから上手く食事が食べられない、水が飲めない、前足で口を気にするなどがみられます。

治療について

内科治療と外科治療の両方が必要です。
内科治療は、抗生剤や抗ウイルス剤、消炎鎮痛剤、ステロイド剤、サプリメントなどの投与を行います。
抗ウイルス剤(猫インターフェロン製剤)は猫カリシウイルスの治療に使用し、消炎鎮痛剤は痛みを低減させることにおいて有効です。
サプリメントは、免疫の正常化を目的としたものが多いです。

ステロイド剤の使用は、心臓疾患などの基礎疾患があり、麻酔下で抜歯処置ができない場合などに使用します。
ステロイド剤を長期使用している場合は、抜歯後の予後が悪くなる可能性があり注意が必要です。
これらの治療で効果が不十分な場合は、歯垢の細菌の関与を無くすため、歯の外科的抜歯(全臼歯抜歯あるいは犬歯も抜歯)を行います。

現在、猫の慢性歯肉口内炎の最も有効とされている治療法は、全ての前臼歯と後臼歯を完全に抜歯することです。
しかし重度の歯肉口内炎や、猫白血病ウイルスや猫免疫不全ウイルスをもっている場合などでは完全に治らないこともあります。 その際は食事中の痛みをなくすことを目標に、その子に合った治療を継続していきます。

抜歯について

抜歯は全身麻酔下で行います。
口腔内X線検査を実施して、歯や周囲の骨の状態を把握します。
猫の歯肉口内炎では全臼歯を抜歯することが多く、抜歯した後は粘膜の縫合を行います。
そのため手術の後に口を気にする子がおり、エリザベスカラーをして数日間入院となることもあります。

猫の歯の吸収病巣について

愛猫の食べ方に変化がみられたり(ゆっくりになった、片側のみで食べているなど)、口を触られるのを嫌がり始めたら、歯の吸収病巣があるかもしれません。

歯の吸収病巣(Tooth Resorption)は、猫の破歯細胞吸収病巣(FORL)とも呼ばれ、猫に多くみられます。破歯細胞吸収病巣(はしさいぼうきゅうしゅうびょうそう)・・変な名前ですよね。

歯を融かす細胞(破歯細胞 はしさいぼう)が異常に活性化して、人間の虫歯のように穴が開く疾患です。骨は作ったり壊したりを繰り返しています。

骨を作る細胞(骨芽細胞)と骨を融かす細胞(破骨細胞)が常に働いて、バランスを保ち、骨を再構築しています。歯に関しては、乳歯から永久歯への生え変わりの時期に、乳歯を融かすために破歯細胞が働きます。 しかし吸収病巣を認める猫では、永久歯にも破壊の指令が下り、破歯細胞が歯を破壊していきます。

穴が開いた所(吸収病巣)はピンク色をした肉芽組織で覆われるため、痛みはあまりないようで、無症状で過ごしていることもあります。しかし、1つの歯に吸収病巣が生じ、そのままにしておくと、残りの歯にも吸収が起きてくると言われています。そのため、多数の歯に吸収病巣が起きると、口の疼痛から食欲不振がみられたり、口臭や出血を認めたりします。

  • 猫の歯の吸収病巣について

    肉芽組織で覆われた吸収病巣がある歯

  • 猫の歯の吸収病巣について

    肉芽組織を取り除いて穴が見えている歯

歯の吸収病巣の原因

それでは、なんで破歯細胞が暴走するのか?

残念ながら、はっきりとした事はわかっていません。 歯周病が存在している?咬み合わせが良くないから?硬い食べ物を噛むから?ビタミンDの過剰摂取?などの原因が考えられています。

当院においては、歯肉口内炎(尾側口内炎)の猫ちゃんで、吸収病巣を併発して認めることが多いです。しかし、尾側口内炎がなくても、多数歯に吸収病巣を認める場合があり、体質も関係しているのではないかと考えています。

歯の吸収病巣の治療

口腔内レントゲン検査により、歯をタイプ1とタイプ2に分類します。

タイプ1の所見は、歯冠部あるいは歯頸部に吸収病巣が存在し、歯根部分は正常である。
タイプ2は、歯根が周囲の骨(歯槽骨)に置き換わっている(歯根膜腔の狭小化あるいは消失が認められる)所見を認める場合。
現在、タイプ1に対する唯一の治療選択肢は抜歯です。 タイプ2は歯冠切断術を検討します。 定期的に口の中を観察し、早期に吸収部位が発見されたら、その歯は抜歯し、その後定期的な歯科処置とプラークコントロールを実施していきます。
治療のお話はより専門的で難しいので、院内で詳しくご説明します。

  • 歯の吸収病巣の治療
  • 歯の吸収病巣の治療

308の歯に吸収病巣があります。右側の写真と比べると、歯が一部なくなっています。

歯の診療と手術の流れ

歯の診療と手術の流れ

歯の診療と手術の流れ

診察

診察は特に予約制ではありません。診察により口腔内と全身状態を把握します。
歯科手術が必要と判断されたら術前の検査を行います。

術前検査

ワンちゃんとネコちゃんの歯科処置を行う際は全身麻酔が必要です。
全身麻酔下での処置ができるかどうかを血液検査やX線検査などを行い判断します。

予約と処置

麻酔下での歯科手術は原則として予約制になります。予約時に当日の注意事項をお伝えいたします。
口腔内の精査とX線検査を実施後、日を改めて手術を行うこともあります。
その後は、当日退院または入院となります。