症例Cases treated

3歳のジャックラッセルテリア 歯肉炎

3歳のジャックラッセルテリアが、1ヵ月ほど前からおもちゃを噛んでいると歯茎から出血し、口臭が気になるとの主訴で来院しました。歯肉炎を広範囲に認め、またAdplit(歯周病菌検査キット)での判定は4で陽性となり、歯周病が疑われました。口腔内レントゲン検査では、歯槽骨の破壊は起きておらず、歯周病治療(スケーリング、ルートプレーニング、ポリッシング)を行いました。

治療前

治療後

基本情報

動物種
品種
ジャックラッセルテリア
性別
年齢
3才

歯周病は、歯肉炎(歯肉のみの炎症)と歯周炎(歯を支えている歯槽骨や歯周靭帯の炎症)に分けられます。歯肉炎を放置しておくと、歯周炎へと進み、麻酔下で治療を行っても完治することは難しくなります。そのため歯肉炎の段階で治療してあげることが大切です。口臭や歯茎の出血がある場合、早めに相談して下さい。

一覧にもどる

ご紹介元動物病院様へ 0863-73-5833 オンライン予約
どうして歯医者なの?